見たこと。聞いたこと。

日々のことを可能な限り赤裸々に・・・。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■ 香港ヨガ旅行 まとめ。
香港ヨガ旅行の画像整理がようやくできた。
めちゃくちゃ時間がかかったし、めちゃくちゃ長いです。
がんばったので流し読みせずじっくり読んでください(笑)


香港が島だなんてぜーんぜん知らなかったわ。
一緒にいった友人は中国ってことも知らんかったってさ(笑)
香港自体は親切な人が多い素敵な街でした。
今回はいつもに増して本文が長すぎるから、ここでの説明はやめとこ。




6月5日(水)〜10日(月)までの4泊6日。
1日目は夜の到着日だけなので、2日目からのUPです。


http://napthedogs.jugem.jp/?day=20130606
香港ヨガ旅行2日目。

http://napthedogs.jugem.jp/?day=20130607
香港ヨガ旅行3日目。

http://napthedogs.jugem.jp/?day=20130608
香港ヨガ旅行4日目。

http://napthedogs.jugem.jp/?day=20130609
香港ヨガ旅行5日目。


相変わらずキモいドン引きな食欲まみれ。
食欲旺盛な自分がみっともなく感じてくるぐらいに・・・。
| - | - | 16:18 | category: 香港。 |
■ 香港ヨガ5日目。

最終日も朝一で受ける。
開始15分前にはいつでも動けるようにスタンバイしてるんだけど、
今日は警戒してギリギリに入り後ろのほうで始まるのを待つ。
また最初の30分〜1時間の講義を聞かなあかんのかとの警戒。

それが!もういきなり実技が始まった!
こういうレッスンを待ってたのよ!
先生の英語もスムーズに耳に入ってくる!
まさにスピードラーニング!

自分の体に集中して・・・背骨を感じて・・・呼吸を深く・・・吸って・・・吐くぅぅぅ・・・


わ〜〜〜普通のヨガやん感動。
楽しい!
でも進んでいくうちにパワーヨガでめっちゃしんどい。
でも動けるのはうれしい。

この景色ももう最後かと思いながら、工場のベルトコンベアのように早いエスカレータを下る。

デモンストレーションの練習をしてた。
レッスンに出てる人も体のやらかい人が多かったわぁ。


友人は小食なのに昨晩あたしに付き合ってくれたからか、
気分が悪くなって朝のレッスンは途中退場。
ほんと申し訳なかった。
「トモちゃん、次のレッスンも出といでよ」というてくれたけどもうええわ。
ヨガは満喫した。
もう遊ぼう。

てか、まず昼飯食おう(笑)
もう注文の失敗はしたくなかったから、
求めているものが確実にあるコンベンションセンター内のレストランに入る。

コレ!これが食べたかってん!
店員さんを呼んで入り口にあった「あのぶら下がってる鳥の載ったご飯をくれ」というた。
このお兄さん、とても親切でメニューの説明を詳しくしてくれた。

うまい!食堂のようにジャンクな味ではない上品な味や。
満足した。
あと求めるものは、かた焼きそばだけや(笑)

お粥と野菜炒めも注文。
野菜炒めにはご飯もついてきて驚き。

野菜炒めは菜っ葉みたいなんと思ってたらいろいろ入ってきて驚き。
大好きなきゅうり炒めと思いきや、ヘチマでした。
ハチマときゅうりは食感も味も違う。
でももう満足やわ。


どこも量が多い。
若い細い女の子もどこでもみんな半分以上残してた。
全部食べるわけにはいかんわな。
隣に座った女の子2人組みを観察しててんけど、出てきた料理の感想がまったくない。
そして別のメニューを注文した友達に「ちょっと頂戴」がまったくない。
これは後にも先にも香港の人たちにいえることと思う。
出てきたものを淡々と食べる。
あたし達って、わざと別々のもの注文してシェアして食べるよねぇ。


よし、ランチは堪能した!
チェックアウトしてフロントに荷物預けて最後の遊びに行こう!

昨晩は遅い時間で閉まってる店が多かった中環にまた行った。
しかし、あたし達におしゃれ街は必要ないようなので、またホテルのある湾仔付近に戻る。
湾仔はごっちゃりしてて落ち着くわ。

戻るのにトラム(路面電車)移動に挑戦。

やっぱし2階に乗りたいよね。

雨がポツポツしだしたと思ったらザザ降り。
傘持ってないでーどないしよかー。
みんなで窓を締める。
トラムはエアコンがないので蒸し暑くて仕方がない。

隣の席に座ったおばちゃんと少し話す。
夕立やトラムの料金について話してたんだけど、
小銭を見せたら、これはあかんふたりでこっちとこっちを出せとか言う。
う〜ん ようわからん。
そしたら、これを出してあなたはこれも出しなさいと5セントをくれた。
いいですいいです!というが、これぐらいいいわよ〜〜とのこと。
トラムはお釣りが出ないので、細かいのを出したほうがいいからと小銭をくれたらしい。

この人に限らず、地図を持ってるだけで声をかけてくれたり親切な人にたくさん出会った。

2階の一番前の席が空いたので座りにいった。
傘ないのに雨がヤバい。
どないしよーーーー。

と思ったけど、トラムを降りた途端に雨がやんだ。
初日から最終日まで雨予報やったのに結局雨には一度も濡れなかった。

友人とはそごう前で別れ、あたしはFOREVER21に向かう。
飛行機の中が寒いから700円の長袖Tシャツを買い足した。
洋服を買ったのはこれだけ。

繁華街はもういいので、ホテル側に戻りつつぶらぶらする。
なんかまた別の強烈な市場みっけ!
興奮して市場全体の写真を撮り忘れた。

たくさん人がならんでる焼き豚や焼き鳥の店。
ランチのんがおいしかったから、家にも買うて帰ろう。

ぶらさがってる鶏肉とこの焼き豚1本くれというと、骨ごと中華包丁でぶった斬りにしてくれる。
そしてタレをどばーとかける。

これもくれというが、「そんな一気にぎょうさん食べられへんやろまたこい」
のようなことを言われ無視された。
この丸焼鳥、35元となってるから500円ぐらいか。
日本でこんなん5.000円するかもな。
コストコのんは1.000円ぐらいやな。

焼き豚は1本200円ぐらい。
阪急やったら似たようなん1.500円するで!

この辺で迷ってしまった。
タイムロスで米が買えなくなってしまった。。。

まあいい、ホテルに戻って着替えよ。
最後のレッスンに出るねん!
歩きまわって疲れたからこそ体動かして血行良くするねん。




なんと最後のレッスンはヨガじゃなく、インド舞踊ですよ!

動く気満々といっても疲れている。
なんかよくわからんけど予約してみたインド舞踊は2時間ある。
あまりにもしんどかったら困るので、事前に先生に途中退場するかもしれないと説明しとこ。

なんと先生は男性。
途中退場の説明をすると「全然かまわない。一緒の時間を楽しんでね!」と言っていた。
なんかこの先生おもしろそう。

ダンスは経験ありますか?の質問にあたし達は「ありません」と回答。
あとから入ってきた黒人女性は
「ダンスの経験はないわ。だけど私はいつもナイトクラブで踊っていてダンスは大好き!」
というような回答に感動した。
とっさにこういう受け答えができるって日本人にはないよね。


もう楽しくって仕方がなかったインド舞踊。
先生もとーーーっても良かったし、音楽も動きも初めての感じで始終笑いっぱなし。
まさにインド映画のあの大げさな踊りなんよ。
有名なラブソングらしいけど、耳について離れへん(笑)

https://www.facebook.com/pages/Master-Hari-Om/75379746912
先生のFacebook。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=q5t8cVx-Ei0

あたし達が帰った後に通しで撮った動画。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-x24qCvpZas
先生ひとりバージョンは動きが大きくてかっこいい!


とにかくこの先生は人柄がよかった。
また受けたいレッスンやったわ。



荷物をとってタクシーで香港駅まで行き、そこから特急列車にのって空港へ。
疲れたけどたのしかったねーー!

空港で荷物の重量を測ってみた。
ピーチは20kgを超えると5.000円ほど支払わなければならない。
23kgになったので、手荷物のリュックに少し移動させて19.9kg(笑)


早めに到着したので、チェックインまでの待ち時間に最後の香港飯。
もう好きなだけ注文する。
かた焼きそばはなかったけど、焼きそば・餃子・春巻き・鴨肉の蒸し物・インゲン炒めを注文。
インゲン炒めが野菜炒めを食べた中で一番おいしかった。





食事を済ましチェックインカウンターで大変なことが判明した。
もうあたしは死にたくなった。
この日9日にホテルをチェックアウトし、夜の便で帰国する。
帰国便は00:35発で予約した。
なんとあてくし、00時ということは日付が変わっておるのを忘れて9日の便を予約していた。
その場で取りなおすしかなくなった。


顔面蒼白でスマホから予約。
1日2便しかないのに2時間後の便の空席が残っててよかった。
もう自分の馬鹿さ加減に父ちゃん涙が出てくら〜〜〜〜〜。
安いピーチにした意味がない。
あと3回香港往復できるでな。


まあいい!楽しかったから!
ほんまに楽しかった。
旅行を楽しんで大好きなヨガができてって最高の旅行やんか。
また来年もカンファレンスに参加したいって思うわ。


| comments(0) | - | 23:30 | category: 香港。 |
■ 香港ヨガ4日目:めちゃくちゃ長いです。
今日も朝一番からレッスン。
朝から体を動かすとすっきりして一日が有意義に感じられる。

大好きな太陽礼拝なので、どんな先生かwkwkで会場に向かう。
あぁ・・・これが期待はずれ。
最初に講義が20分、動き始めたと思ったら進行がわかりにくい。
アシスタントの女性がレッスン中に質問をし、レッスン中断でまた講義。
生徒じゃなくアシスタントからの質問やで!
それで中断なんてありえへん。

途中退場せず2時間我慢して最後までいたが、なんか心身ともにダルなったわ。
リフレッシュするために休憩なしで次のレッスンいきましょう。

次は女の先生で最初の講義はほとんどなく、すぐに動き始めた。
期待大。
が、この先生、雰囲気が怖い。
笑顔がまったくなく1つのポーズの静止が長く、静止させたまま講義を進めていく。
補助もされたけど突き飛ばされるような乱暴な補助。


レッスンというのは、カンファレンス参加予約の時点で全プログラムも予約しなければならない。
freeレッスンというのもあるが、基本は予約レッスン。
日本からの予約の時点でレッスン内容を自分で判断して予約する。
よっぽど有名な先生でないかぎり、
実際行ってみないとどんな内容か、どんな先生かもわからないのです。


あかん、この先生こわいわ。
気分も体もしんどいだけやから途中で出た。
友人は「先生に申し訳ないから」と残っていた。
エラいな・・・もう二度と会うことないからあたしは出て行きます。
カフェで30分ほど休憩して、会場前でまだ中にいる友人を待つ。
この先のレッスンはどうしたものか・・・まさか長い講義があるなんて思ってなかった。
レッスンは動きだけでしゃべりがあるなんて想像もしてなかった。

そこでスタッフの女性に話しかけてみた。
「無理のない動きで、しゃべりも少ないリラックスできるようなプログラムはないですか?
キツいポーズ、講義講義講義ばかりであたしはとても疲れている」と言った。

         I’m Heted!!!!

そう言うと、プログラムを見ながら誰でも参加できるフリーレッスンをピックアップしてくれた。
この同じホールでこの後すぐのを出てみないか?とのこと。
講義が多いかは先生次第なのでわからないが、フリーならでてみれば?って。
怖い先生のレッスンを途中で出たという、不完全燃焼なので友人と相談してうけることにした。

え゛え゛え゛ーーーーーなんかホワイトボードに書いてるしーーーー(;´Д`)
また講義かいな・・・

始まる前に先生と話してた、あたしの隣に座った女性に聞いてみた。
「このレッスンは講義ばかりなの?もう講義は嫌なんだけど」

「いいじゃない!このレッスンはフリーなんだから!彼のレッスンはいつも楽しいわよ!」

まったく参考にならない回答・・・もうしんどいわ・・・体を動かしたい・・・
一番後ろに座っていつでも抜け出せる体勢をとろう。

もうそろそろ耳が完全に英語に慣れてきた。
呼吸の誘導や体の部位の単語がわかりだし、
英語がまったくダメな友人にも簡単な通訳ならできるようになってきた。

ん?この先生おもしろいぞ。
話し方や講義の進め方、途中で冗談もまじえながらでこちらは気を張らずにきける雰囲気。
やっぱりレッスンの空気ってだいじ・・・

少し楽しい講義のあと、基本的な動きに入り気持よく体を伸ばせた。
講義というのも「ヨガというのは心と体のバランスが大切」という内容。
いままで受けた先生も、指導員というだけに言葉は聞き取りやすい発音。
でも、雰囲気や興味をそそる内容かは英語がわからなくても感じられる。
雰囲気がしんどい先生とは、レッスン後に一緒に写真を撮りたいとも思わなかった。

最初に「彼のレッスンは楽しいわよ!」と言った女性が、
「ね、楽しかったでしょ?」ってさ。
うん、楽しかった。
なんか言葉には言い表せないけどいろんなことを感じた。

香港の巨大スポーツクラブPUREの簡単な取材で「一番好きなポーズをとってください」って。
トリコナアサナが一番好きーーー。
左足が浮いてるように見えるけどちゃんとついてるよー。

あかん・・・ちょいちょい間食してたけど腹が減った。
遅いランチをしようと、ひとりで湾仔周辺をうろうろしてみる。

路地を入ってみると市場があった。
なんやここおもしろそう。

肉屋に調味料が売ってる。
ちょっとみてみよ買ってみよう。
調味料を揃えて麻婆豆腐を極めようと思っているのだ。
が、肝心な甜麺醤と豆板醤を結局買い忘れた。
まあえっか、たぶん業務スーパーのほうが安いしデカいわ。

なかなか強烈な鶏肉屋。
購入する調味料を差し出すと、肉を触った手袋のまま受け取られた。
うへ〜〜〜瓶がクサなるやんか・・・

八百屋ビルみっけ。
改装されたのか、天満市場のように新しいビルの中に入っている。

ナスがながーーいし、見たことない野菜やゴーヤなんか丸かった。
こんなん買うてもしゃーないしなぁ。
小売店になると、HK$表記じゃなく「元」表記になっていた。

牛肉屋。
右端のんは切ったまま毛のついたままの牛の尻尾。
パーツでみると大きさがよくわかる。
あたしの身長ぐらいの尻尾やったで。

魚屋。
海老もカニも切り身以外の魚も動いていた。
でもなーなんか「おいしそう」とは思えん見た目なんよなぁ。

豚肉屋。
どこの店も商品が大量に冷蔵庫なしで陳列されてるねんけど、一日ではけるんやろか。

チマキ。
昨日の晩おいしかったから買おかなと思ったけど、どうしようもないのでやめた。
チマキとはいえ、とにかくご飯のぎゅうぎゅう具合がヤバい。

パン屋。
いわゆるフツウのパン屋。
こういう店がたくさんあった。
ハード系のヨーロッパパン屋もあったよ。

果物屋。
マンゴスチンとロンガンがほしいなーとおもたけど、
余って持って帰ってバッグの中で虫が出てきたら嫌なので断念。
いつも旅行で果物を食べ逃してる。
果物は量が多いし、食べる隙がない。
というか、あたしの食欲についてきてくれる人なんかおらんのよ。

また魚屋。
この通りは昔ながらの市場って感じでとても楽しい。
なー、こんなん一日ではけるんかなぁ。

ケンタッキーのメニュー。
世界中どこにでもあるケンタッキーとマクドは、
その国のを食べてみたいけどもったいないよねぇ。
1ヶ月以上の滞在じゃないと。

いいねいいね。

あかん、飯くお。

ここに決めた。
路上で食べたい。
と思ってここにしたが、おばちゃんが「奥行き」って涼しい店の奥に通してくれた。
暑くてもホコリだらけでもええねんけど。

英文もあるメニューを見て、麺も選ぶ。

「鳳城水餃 shrimp Dumpling」エビのなんかやな、よっしゃ味はコレ。
「粗麺 Think Noodle」粗い麺なんやな、ゴワゴワの麺が食べたいからコレにしよ。

ちなみにあたしが食べたいのはこんなん。
たぶん、かた焼きそばと焼きそばの中間みたいなんと思う。
よその店で他人が食べてるのを見て、これがどうしても食べたい。
きっと正解のハズや。
wkwkで出てくるのを待つ。

食堂っていいねー。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
汁ありやんか・・・あたしは焼きそば頼んだハズなんやけど・・・
しゃあないどうしようもない。
食べるしかない。
フライドヌードル(焼きそば)ってのを見落としてた。

箸立てに入ってる箸、抜いてみたら先が黒かった。
ズボンの膝で拭いてみた。
キレイになった。

箸は拭ってから使うのをオススメします。


でっかいワンタンが出てきたで。
麺はゴワゴワでまさに粗麺で求めてた食感。

1つのワンタンから小海老が3つも出てきた。
きくらげ入りで食感が最高。
こんなデカいワンタンが3つも入ってた。
麺の量もかなり多い。

テーブルにあったラー油を入れてみる。
たまらんうまい。

もうねぇ、焼きそば注文したつもりのことなんかすっかり忘れて
食べたかった思い通りのものが出てきた気がしてきたよ。
ワンタンや焼売にはきくらげを入れよう。
この店に入って正解やった。

目の前に積んであったダンボール。
どこの店にもうどんはあったけど、香港の秋田うどんってどんなんやろか。

ごちそうさましてまた市場散策。

あたしの頭のなかの英語っていつもこんなん。
直訳じゃなくてなんかヒネりがほしいよなぁ。

お腹いっぱいやけど、いろんなとこで若者が食べてる魚のすり身のカレーがけを食べてみる。
おいしいとかおいしくないとか、食べきるとか残すとか関係なしになんでも買うてみる。

魚のすり身が10個。
うーーーん ちくわみたいな味っていうか・・・
スーパーボールの食感に甘いんか辛いんかわからんレトルトカレーをかけた味。
あかん、3つ食べてごちそうさま。
無理して食べることもない。
気持ちは満足した。

こんなふうにビルの1階にあるスナック的な食べ物屋が多い。
すり身カレーも食べたしもう買うものはない。

駅からの渡り廊下ではビラ配りがたーーくさんいてる。
日本人とわかれば避けられる。

あたしさー普段の生活でビラ配りに会ったら全部もらうことにしてるねん。
そしたら早く事務所にこの人ら帰れるやん。
暑い時期や寒い時期かわいそうやもん。
もらうだけですぐほかすけど。

パン屋で買った蒸しパンと固いゼリーみたいなん。
蒸しパンは、ヤマザキの黒糖フークレエとは程遠く微妙な味。
固いゼリーはスプーンじゃなく竹串をくれた。
あとから食べてる人をみかけたけど、突き刺して全部出してかじるねんて。
味の説明はようせん。
まあそんなにおいしないってことや。

今回の一番のメインにしてた、ダーマ・ミトラ。
アメリカヨガ界の王様と呼ばれてるダーマ・ミトラ。
え!?アメリカなん??

普通のおじいちゃんにしか見えんねんけどポーズを取ったらすごかった。
その場の空気が変わるし、ポーズ自体が神々しい。
「またしゃべりばっかりかも」と警戒して後ろに場所取りしてもうたわ。
もっと近くでみたかった。

このレッスンは動きも多く、二人組なんかもあって2時間とても楽しく過ごせた。
楽しいレッスンのあとは疲れてても遊ぼう!出かけよう!って気になる。

このあとは予定通り2駅先の中環(セントラル)というおしゃれ街に向かう。

山の斜面にある街で、登るのにエスカレーターがあって便利。
神戸もこんなんあったらもっと栄えるのにな!

なんでこの斜面の街にきたかというと、この雑貨屋でこの鹿の実物を見たかったから。
ヨーロッパ輸入雑貨を扱う店で、値段は日本と同じ12.000円ぐらい。
見ただけで満足。

この辺りはヨーロッパ雑貨を扱うお店が多くオシャレ。
MUSHROOMという雑貨屋がトビキリかわいかった。

ケイト・モスのポスターある街はどこの国もオシャレ(笑)

ようやく遅い晩ご飯。
黒ゴマ汁粉と大根餅を注文。
雰囲気が、なんでもある吉野家という感じだったので、警戒してまずこれだけ注文。
大根餅はツナギが多く微妙。
少食の友人には申し訳ないが、次の店に付き合ってもらうことにする。

すぐ隣りの比較的高級な店に入った。
理解できない漢字と英語のメニューをじっくり読んで注文するが、
また思ったものと違うのがでてきた。
牛肉とトマトをケチャップで炒めたのをご飯にぶっかけたヤツ。
あたしが思ったのは、中華スープ色の炒めものがかかったのんやってんけど。

もう一つは、野菜炒めを注文したハズが厚揚げまみれのが出てきた。
豆腐なんちゃらと書いてあったのでまあ想像はついたけど。
これはとてもおいしかった。

ご飯にしろおかずにしろ、どこも特盛、いや、メガ盛りやねん。
こんなん食べきれへんで。
後ろに座ってた白人男性三人組が食べてた肉類がおいしそうやったなぁ。
全部それなりにおいしかったけど、出てきてびっくりするものが多い。

中環の街は渋谷みたいなもんかな。
ハイブランドの路面店が多くずっと明るい。
九龍もハイブランドが多かったなぁ。

正面のビル街、ホテルのある湾仔まで2駅を海沿いに歩いて帰る。
湿気は多いけど気温はそれほど高くなく気持ちいい。

背中は部屋の風呂から見える香港駅。

左側は九龍の夜景。

右手は香港島の夜景。
東アジア東南アジアはスラムっぽいのと都会が交じり合うギャップが好き。

今日も頭と体をフルに使った。
昨晩今晩とも疲れすぎて寝付きが悪い。
明日は最終日、おもいっきり満喫しよう。
| comments(0) | - | 23:18 | category: 香港。 |
■ 香港ヨガ3日目。

8時からのレッスンを受けるため6時半起き。
雨の予報のはずが晴天なり。
部屋の窓からいい眺めだわ。

普段飲まないジュースを買ってみる。
パッションフルーツ味で甘ったるいけどおいしい。
海外のこういうボトルを開けてみて毎回思うのだが、
ギリギリまで入っていて必ず手がベタベタになる。

レッスン会場の大きな窓からの眺め。
公園では太極拳をしてる人がたくさん。

レッスンはパワーヨガで朝からへとへと。
昨日の夕方のレッスンは講義だけやし、今日は朝からパワーやし、
リラックスできるようなヨガはないんか?

リードはすべて英語で行われる。
このレッスンは通訳も入っていたが広東語。
まったく意味がわからないので周りを見ながら動く。
先生があたしの顔を見てニコリとすることが何度かあったので
レッスン後「私は英語ができないのでごめんなさい」のようなことを言った。
「そうだったの!私こそごめんなさいね!」と謝られる。
「9月に福岡にいくから興味があったら来てね」とも言っていた。
遠いから無理です。
ごめんその前にあんまし興味ない。

この女の先生、レッスンが始まると白いタンクトップと白い短パンになったんだけど、
なんとノーパン!!!!
たまに毛ぇなのかややこしいのなのか、黒いなんかがハミ出てました。

キツいレッスン後はお昼ご飯を食べに行く。
朝ご飯を食べてないから死にかけ。
ほんで湿度がめちゃくちゃ高いし暑いから、心身ともにかなり疲れてた。

トラム(路面電車)の広告がおしゃれっぽい。

2階建てってなんかいいよねー。

ここでええか〜と入った小さな食堂。
女性客が多い。

メニューを見てもわからんから適当に注文。
なんやこれ?
いっこもうまそうに見えへんぞ。
黒い汁は出がらしのスペアリブみたいなんとナツメとかが入ってた。

土鍋料理?みたいなのであとから知ったが、テーブルに置いてある醤油をぶっかけて
底から全部混ぜて食うらしい。
そんなん知らんからほじくりながら食べたからあんまし味がなかったわ。
右が鶏ミンチで、左が魚のすり身と塩っ辛いハタハタ。
まあ不味くはない。
醤油かけてごっそり混ぜて食べたらおいしいやろなぁ。

お昼を食べた店頭でパンやエッグタルトの販売があった。
3種類買ったけど、ふわふわでかなりうまい。
イーストの香りがいいねん。
香港は日本と同じように食パンをよく食べるみたいで、
6枚切りの食パンを袋ごともって食べながら歩いてる人も見かけた。
パン屋も多い。

渋滞がすごい。
友人と別行動であたしは部屋へ真っ直ぐ帰って昼寝。
30分ぐらい寝たかな。
暑さでしんどい。

だってな、気温はまあいいとして、湿度86%やで。
そらしんどいわ。
気温はそれほど高くないけど、湿度は連日こんな感じ。

昼からのレッスン。
他の国から来る外国人が多くなってきた。
ヨガ会場にいる香港の女性はみーーんなスタイルがいい。
脚がまっすぐ長くてウエストがキュっとしてて、顔が小さくシューーっとしてる。
自分の脚の短さが恥ずかしいわ。
ほんま嫌になった。

いいシチュエーションでしょう。
この先生、終わってから話したんだけど岸和田に空手の修行で住んでたんやて。
少し話す程度なら日本語ができるみたい。

骨盤を中心に外足を伸ばすことに重点を置いてるような内容で、ポーズが無理な体勢多し。
とても砕けたレッスンでキツかったけど楽しかった。
国は関係なく、やっぱり先生って人柄よねと思い始めた頃。

このストレッチ好きー。

いったん部屋に帰って着替えて出かける。
ホテルのロビーの写真はこれしかない。

エスカレーターに乗って思ったんだけどさ、早い!
日本のエスカレーターは遅すぎる!
関空の第二ターミナルへの歩くエスカレーターなんか寝てるんちゃうか思うもん。
早いのは早いのでびっくりするねんけどね。

あと、どこでもトイレの手洗い場には手を拭く紙ナプキンがある。
ここ数年の日本ではあるとこのほうが少ないから使うことを忘れてしまう。
あと、手洗い液体石鹸は日本みたいにケチくさく薄めてないのがいい。

さあ、このスターフェリーに乗って向こう側の九龍に渡って遊びます。
8分毎に出航してる大きな船なんだけど、行きも帰りも満席近かった。

天満橋にいてたアヒルちゃんが今は香港にいてる。
同じのを違う場所で見れたって不思議な感じ。

とても人気なようで、さまざまなアヒルちゃんグッズが販売されてたよ。

おばちゃんもTシャツ着てた。

フェリーの座席の星がかわいい。
おっちゃんのセーラー服もいいね。

香港島も九龍もこういう木がたくさんあった。
なんていうんやろう。
オーストラリアもこんなんいっぱいあった。

こういう建物を見ると、三井アウトレットにしか見えん。

こういう電飾看板は香港らしいよね。
右上のんは、かに道楽っぽいけど。

バードガーデンという、小鳥の品評会みたいなのを見に行きたかったけど、
この先の行動の効率が悪くなりそうなのでやめた。
期待するほどの場所でもなさそうと判断。

次に行きたかった金魚街という所を歩いてみた。
う〜〜〜ん・・・ここもあんましやなぁ。
金魚がかわいそう。

雰囲気はいいけど、金魚街というほどの規模ではない気が汁。
思ったほどの店数はなかったな。
奈良の大和郡山に行くよし。

金魚街の先は犬猫を売ってる店がならぶ。
街中で小型犬を抱えて歩く人が多かったわ。
犬買うて帰ってきたらヒロスケ驚くやろなーとか思いながら歩いた(笑)

屋台ではないけど、ときどきこういう店がある。
野菜の天ぷら。
なすびとかピーマンの天ぷらだけを買う人なんかいてるんやろか。
あたしは好きやけど。

よくわからん練り物が多い。
こういうのは好みではないなぁ。

ホルモンとか魚のすり身とかたいたやつ。

女人街を歩く。
みて歩いただけ。

直径5cmぐらいの食玩。
こんなん大好き。
冷蔵庫にいっぱい貼りたい。
買うてへんけど。

ドラッグストアでお菓子をいくつか。
ロータスは日本より100円ほど安いので、こんな機会だからと買うといた。
ガレットも香港関係ないフランス製。
普段は200円以上のお菓子って悩むからこんな時だからこそ。
沙茶醤のんは豆のなんかであんましおいしない。
これも台湾製で香港関係ない。

左端の紫芋のんはめっちゃ好き。
固いねちゃねちゃの食感で人工的な芋の味が貧乏くさくてよい。
これまた欲しかったけど、もうみることはなかった。

晩ご飯は「粥」と書いた店に入った。
丸いのは弾力が想像以上にある、魚のすり身。
魚のすり身がとても人気のあるようで、いろんな物に入ってるっぽい。
左の食べさしのんはチマキ。
隣のテーブルの人が食べてたのを指差す。
チマキもお粥もおいしかったなー。
揚げパンなんか何本でもたべれそうやったわ。

奥の茶色い汁は、緑豆(むんぐ豆)のお汁粉みたいなん。
一番最初にでてきて、まさか甘いのんとは思わんかったからびっくりした。
おいしかったよ。

揚げパンだけ食べたい。

愛想がまったくない店で、おっちゃんの両方の鼻から長くでる毛が印象的でした。

お粥の店の前にあったお菓子屋で少し買う。
薄い梅が枝餅みたいなんがおいしい。
かわいい雰囲気のパン屋より、こういうパン屋のほうがおいしそうに見えるわ。

晩ご飯を食べた続きで餅も食う。
あたしはデザートに休憩なんかいらない。

次のデザートには肉まん。
セロリと豚肉を黒胡椒で炒めたようなのが入ってた。
これは自分でできそうやわ。
おいしいけど、新参っぽいすぐつぶれそうな店の雰囲気やった。

ヨガをする時はできるだけ空腹の方が体が軽くて動きやすい。
でもな、もう旅行なんやし好きなもん好きなだけ食べようと思った。
試合や本番なんてないんやし、体重が増えても帰ってから今まで通り節制すればいいねん。
あたしのこのごっつい体を維持するにはそうとうな食べ物が必要なんや。

帰りのフェリーに乗る前の夜景。
香港島の夜景の方が色とりどりでキレイ。

タイムズスクエアにしろ、こういうレンガ造りの建物がおおかったな。

この日は本当に疲れた。
でもとても充実した楽しい一日やった。








| comments(0) | - | 23:14 | category: 香港。 |
■ 香港ヨガ2日目。

5日の24時頃、香港空港に到着。
チェックインしてすぐに寝る。

朝起きたら雨がほつぽつ。
天気予報はずっと雨やったからしょうがないか。
そんなに気温も高くない雨の中、プールに入ってるやつもおった。
そんなんしてるやつはもちろん白人。

香港へ来た目的は、ヨガカンファレンス2013へ参加するため。
この会場へアクセスしやすいようにホテルは会場直結のルネッサンスハーバービュー。
値段も手頃で、28階の部屋から会場までが5分というのは最高。
隣のグランドハイアットとのプールが共同というのもステキ。
友人に「水着もっといでや!」と散々言いながら、自分は忘れたから入ってないけど。

少し会場を覗いてから地下鉄で銅鑼灣へ向かう(未だに読み方がわからん)

地下鉄は深い。
1駅電車に乗るために地下におりるより、地上を歩く方が早いんちゃうかと思うくらい。
長堀鶴見緑地線なんかまだまだで、大江戸線よりも深いかもよ。
香港島と九龍をつなぐ海の下を通ってるほど深い。

地下鉄全線の時計はこれ。
NHKっぽくてあたしの好きな感じだわ。

コーズベイウェイという、新しいショッピングセンターのフードコートでランチ。
初めての食事はなんでかタイ料理。
焼き飯はぎゅうぎゅうに1合半ぐらいあったので半分残した。
肉はたぶん豚でビーチサンダルみたいな食感で味もあんましおいしない。

コーズベイウェイは、新しいのにぜんぜん人がいなく過疎ってるビル。
台湾のでっかい本屋・誠品書店(エスリートブックストア)が入ってたよ。

繁華街をうろうろしてみる。
なんやこれ?と思ったら

ビルの修復工事の足場。
どこのビルも足場はすべて竹で組まれてた。
地震のないとこならでは。

それにしてもすごい設置面。

ショッピングがしやすいと有名なタイムズスクエアへ。
あぁ・・・あたしら安いもんにしか興味なかったんやった。
2階まであがっただけですぐでた。
平日の昼やのに大量の人。

タイムズスクエア地下の高級食材や輸入食材を扱うスーパーに入ってみた。
こんな魚どないして食べるんやろか。
一帯がクサぃとおもったらドリアンの販売もありました。



ちょっとブラッとしてホテルへ戻る。
昨晩1泊しただけで部屋換えになったんやった。
レッスンに間に合うようにはよ帰ろう。

フロントで部屋換えの手続きをして部屋のドアを開けてびっくりした。
友人とふたりで「キャーーーー!!!!」と叫んだ。
なんとジュニアスイートにしてくれたのだ。

これはリビングルーム。

露出を変えたらこんな感じ。
窓からは九龍を全面見渡せます。
前夜の部屋はガーデンビューで海側より安い部屋でプールとビルしか見えなかった。

ベッドルーム。
ちょうど窓掃除がおりてきた。
この人達、絶対目は合わない。
みたらあかんて教育されてるんやろね。

お風呂はビューバスで4駅先の香港駅まで見えます。

昨晩の部屋は狭いながらも快適だったけど、上の画像のベッドルームのみの広さ。
バスタブなしのシャワールームのみがスタンダード。
トイレは洗面所にあってドアなし。
それがこんな素敵な部屋になったなんて!

いけいけのトイレかから、個室トイレ&バスルームトイレと2つになった。
そしてブルーレットがこの部屋には仕込んである(笑)
シッ子したらミドリになったぞ。

いい景色でしょ。
このマンタみたいな屋根はカンファレンスの会場・香港コンベンション&エキシビジョンセンター。

なんで部屋換えになったかというとですな、
前の部屋もこの部屋も同じガラス扉のシャワールームがついている。
チェックインしてシャワーを浴びたら、パッキンのないガラス扉の下から
水がダダ漏れになって洗面所が水びだしになったんよ。
それでフロントに電話して来てもらって、「ちょっとこの部屋無理」なことを言ったのよ。
そしたら「明日の朝部屋換えしますよ」と。
ついでに「ベイビューの部屋がいいな〜」というてみたわけ。
ヤカラは一切いうてない。
英語でそんなん言えるわけないがな。
「I don't like this room」あたしの英語力はこんな感じだwww
さすが4つ星ホテル、想像以上の素敵な部屋にしてくれました。

ですがね、新しい部屋もシャワーを浴びたら洗面所まで水が流れてくる。
どうもシャワーの角度と排水溝の位置を気にしながら浴びなければいけない扉なようです。
でもこの部屋の洗面所はとても広いので、漏れてもぜんぜんいいです。

夕方から初めてのレッスンを受けてみる。
しかし・・・動きはぜんぜんなくって呼吸法の講義ばっかり。
専門用語だらけでぜんぜん意味がわからん。
意味がわかるわからんよりも、動きがなく講義レッスンだったことに2時間延々戸惑った。
テンションだだ下がり。
呼吸法だけだなんてこんな内容、日本語でもききたないわ。

会場のオープンスペースにはヨガグッズのかわいいお店がたくさんあった。

ヨガ関連の書籍やCDもたくさんあってほしいものだらけ。

晩ご飯は、ホテルから歩いていける湾仔(ワンチャイ)周辺の適当な食堂へ入る。
麻婆豆腐はわかったが、あとのメニューの意味がわからん。
鶏肉のぶつ切りみたいなんを注文したつもりが、酢鶏がでてきた。
麻婆豆腐は食べたことない感じでおいしいけど、全体的に王将みたいな味。

隣の席の人が注文してたのを指差して「同じのをくれ」ということを言った。
これが今後も一番正解やとおもう。
菜の花の油炒め。
どの店でも菜の花の炒め物は定番であった。
年中菜の花食べるんかな?
これおいしいで。

こんなジャンクなというか、入りやすそうな雰囲気。

注文をききにくるオヤジがなかなかめんどくさかった。
日本人ってわかったとたん「さよならよ〜さよならよ〜」と歌いだす。
あぁ、アレか。
「さよならと〜言った君の〜気持ちはわか〜らない〜けど〜〜〜」やな。
知ってるよーとあたしも歌ったったら何べんもおっさん歌いよる。
めんどくせー。


食後、ホテルのフロントにあったココナッツ味のキャラメルを食べながら歩いてたら
セラミックの歯が取れた。
ティッシュに包んで大切になおしたつもりがいつのまにかゴミと思って捨ててた。
大きな損失です・・・。
| comments(0) | - | 22:43 | category: 香港。 |
Profile
Search this site
Archives
Mobile
qrcode
calendar
Sponsored Links