見たこと。聞いたこと。

日々のことを可能な限り赤裸々に・・・。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
■ 海獣はかわいい。
関西の小学校修学旅行といえば伊勢鳥羽。
5年ぐらい前かなぁ、犬達連れて伊勢にいったことはあるけど、
水族館も観れなかったし、伊勢神宮にも行けなかった。

今回はどうしても修学旅行で行った鳥羽水族館で海獣達を観たかったのと、
The earthに泊まりたかったので伊勢鳥羽旅行になったんです。


すみません。
また適当に撮った写真がずらーーとならぶだけです。

スナメリ。
ひとなつっこくて寄ってきてくれるんだけど、なでなでできないのが申し訳ない感じ。
スナメリっておでこがポヨンポヨンするやつと思ってたら、あれは白イルカか。



これはうちの兄さんか?と思ったほど似てるトド。
右上の人の足の遠近法は関係ないぐらいに大きいトド。
ケモノってかわいいなぁ。


無表情でご飯を食べるカピバラ。

4匹カピバラはいました。
あたし達は2時間半、水族館に滞在していました。
何度観に来ても、2匹のカピバラはずっと無表情で食事をしていました。
1匹はずっと同じ体勢で寝ていました。


残りの1匹はずっとずぅぅぅぅっと水の中に浸かっていました。
これはお湯なのか水なのか。

こいつら常に無表情なのがおもしろい。


品種改良して造られた色のザリガニ。
小さめの伊勢海老ぐらいのおおきさでけっこうデカい。


おもむろにあたし達の前で直立不動したアザラシ。
「入館30周年です」と書いてあったけど、年とってるのか若いのか顔では判断がつかない。
なんせ何匹もいて全部同じ顔にみえて見分けがつかないからね。


正式名称は忘れたけど通称パンダイルカの親子。

こういう脚のない、いや脚はあるのだろうけどヒレかなんかわからんけど、
こういう動物は仰向けになるとオスかメスかが生々しくわかる。
なんだかあたしはパンツを履かせたい気分に何度もなったよ。


これが鳥羽水族館の一番のウリのジュゴン。
じーーっと壁を見つめたまま動かない・・・こっちを向いてくれない・・・

ジュゴンの乳首は脇の下にあるらしく、
赤ちゃんが脇の下にもぐっておっぱいを飲む様子が
赤ちゃんを抱いているように見えるのが、「海の人魚」の由来なんだとか。

なんじゃそのこじつけ由来は。
人魚って赤ちゃん抱いてるイメージないな。

ちなみにあてくし、小学校4年生の頃はコロコロに太っててジュゴンって呼ばれてました。



廊下の水槽では魚やタコをじかに触ることができる。
うれしくなってバシャーと手を突っ込んでタコを掴んだ。


吸盤が吸い付いてくるのが気持ちよくて、あいつもこいつも何度も何度もつかみまくった。
そこらにいてる子供にも「ほれ、つかんでみぃ」って言ってもキャーキャー言うだけ。
根性なし。

「えらいタコが気に入ってるんやな。よーやるわ」ってQeeちゃんにも言われた。
気持ちいいよ。
タコがいたらみんなも触ってごらんなさい。
ゆるく掴むとにゅるりと逃げるからバシャーっとギューっとね。


絶対に観たかった「セイウチパフォーマンス笑(ショー)」
これはね、観たほうがいい。
すんごいおもしろくてゲラゲラ笑えるよ。


魚の写真が全然なかったねwww
撮ったけど載せるようなのはない。
そういえば、イワシの大群がここはなかったな。あれ好き。

水族館、また来たいです。
とても楽しい時間でした。



3時頃から遅い腹ごしらえ。
黒潮ダイニングで海鮮ドン。
うえにのっかってる車えびは生きてるから跳ねて跳ねて
スカートの上から床まで飛んでいった。

そこそこおいしかったよ。
量が多いから食べ過ぎにご注意を。


あーとっても素敵な時間の楽しい旅行でした。
また一緒に旅行にいこうねぇ。
| comments(0) | - | 17:41 | category: 伊勢鳥羽。 |
■ これでお別れ。

日の出を観終わり8時半まで寝てから朝ご飯です。
おかずがぎょうさんありすぎてどれから手をつければいいのかわからん。

ご飯は白米じゃなくて八分突きっていうのかな、ちょっと黄色い感じ。
1グループずつお釜で炊いて持ってきてくれます。


しかーし、あたしはキニナル。
お釜の中にしゃもじを入れっぱなしにしてしまうのが。
ご飯ってさ、程よいぬくもりで持ち手の雑菌がすごく増殖しそうな温度じゃない?
普段そんなに清潔な暮らしをしてるわけではないけれど、
しゃもじをご飯の中に入れてしまうのはとてもキニナルのです。



デザートはリビングのカフェに移動。



このカフェバーが素敵でねぇ。
海がみえるんです。
どっからでも見えるんだけどね。


ここでDVDや本を借りれるのです。
大好きな海洋物の専門書もたくさん。


かっこええソファも。

この宿はね、中学生未満は宿泊禁止なのです。
だからとっても静か。
こころからゆっくりできます。


ご飯のあとはまたお風呂。
露天風呂っていいよねー
外で風呂に入るとか、外でご飯を食べるって素敵よねぇ。


CD聴きながら雑誌みてたらもうチェックアウトの時間。
2泊したいなーって思ったけど、1泊で充分。
だってさ、2泊目はいろいろ出かけてしまうもん。
ゆっくりできないじゃない。
21時間滞在で満喫できました。



さて、チェックアウト後はジュゴンを観に行きますよ。




女将さんがね、ヒロスケの妹にそっくり。
すごく感じのいい人で美人なんよ。
色っぽい大人の女性って憧れちゃうね。

| comments(0) | - | 11:11 | category: 伊勢鳥羽。 |
■ ご来光。
ここは全室から日の出が見える造りになってるんです。
一番立地のいい部屋だったんだけど、
どうせなら広い空を見に行こうと思って展望台まで出ました。
夜の展望台は星がたくさん。


今朝の日の出の予定時間は5時25分。
なんとなく目が覚めた5時前は少し空が明るい。
急いで展望台に一番乗り。


すみません。
同じような画像がずーーーっと続きます。
5時前から30分間ずっと写真撮ってたの。


なんか明るくなってきた。

「朝日を見よう」ってわざわざ観るのは初めてかも。


ちょっと色が変わってきた。
雲がかかってるほうが反射してきれいよね。


東のほうが明るくなってきて、どっちから日が上るのかわからなくなってきた。


あ、少し西のほうが明るいからやっぱしもうちょっと右かな。


また色が変わった。


このへんかな。


少しだけ見えてきた。


ほら、朝日か夕日かわからない色ね。


すぐ上に雲。


わーーー雲の上にもでてきてもう一回日の出を観たみたい。
得した気分。


あかるーい。
まぶしーい。


上のはあたしの手じゃないよ。
大きな雲が急に出てきた。

明るさが抑えられて太陽をじっと見れる。

感動するね。
なんかじわ〜〜〜っと胸に染む。


部屋に帰って朝ご飯までおやすみなさい。
| comments(2) | - | 05:30 | category: 伊勢鳥羽。 |
■ 贅沢な時間。贅沢な食事。

The earth 1日目の続きの夜。


食事は部屋によって部屋とレストランと選べるんだけど、
ずっと部屋にいるからレストラン食にした。

伊勢海老にはほんのり焼き色がついてておいしかったー。
ここで少しだけ日本酒飲んだのが失敗で酔っ払い。
最初からワインだけにしとけばよかった。


6時からの晩ご飯なのでお夜食つき。




まだまだ時間が早いので、大浴場で少し浸かってDVDタイム。
自由に部屋に持っていける本やDVDがたくさんあるのです。
もう酔っ払って字幕をみるのがめんどくさかったから「悪人」をみた。
これなら本で読んだしストーリーがわかるからね。
なんとも切ない男女の心理をついたお話デス。



案の定映画は半分近く寝てたんだけど、起きたらケーキが出てきた。
「お誕生日おめでとう」って。
泣いてしもたやんか。
我慢せずに思いっきり泣いたらよかった。


それから就寝。
のはずが、エステで寝てDVD観ながら寝てってへんな寝方したから寝れくなったん。
iphoneで2ちゃんのまとめサイト読んでた。
常にどうでもいい情報収集。
ってか、家にいてるのと同じやんか。



はい、ちょっと寝たら朝ですよ。
朝日を見る時間ですよ。
| comments(0) | - | 23:59 | category: 伊勢鳥羽。 |
■ ほぼ裸の至福。
8月はできるだけ私用で仕事は休まないようにしてたんだけど
最後の最後に休んだった。


ずっとずっと楽しみにしてたQeeちゃんとの旅行なのです。
特別な休日なの。

朝からお酒を飲めるように電車移動。
三重県に向かいます。


松坂で途中下車して海津ですてきなお庭を観ながら極上すき焼き。
卵なしで食べるお店なんだけど、とろけるうまさ。
サシだらけで牛脂を食べてるみたいでした(笑)
牛脂ってうまいのなー


さて、ドラッグストアに寄ってヘパリーゼ4本買ってw宿に到着ですよ。
伊勢鳥羽国立公園内にある全室露天風呂つきの「The earth」が宿です。
真ん中右の集落ね、ここが宿なんです。

僻地にあってすごく素敵なところ。
お天気はとても良かったんだけど、嵐がきてもこれまた良かったかもって思います。
だって、14時にチェックインしてチェックアウトの11時まで
ホテルから出るつもりないんですもの。



あたしね、旅行するといっぱいいっぱい予定を詰め込んで
移動だらけにするクセがあるんよ。
だから今回は「本当にのんびりする」ってのが目的。




ウェルカムドリンクにシャンパンを飲んで部屋に移動。
カフェリビングがこれまた素敵なんよ。
(朝ご飯の画像で載せるね)




折角だから一番いい部屋・プレジデンシャルスイートです。
部屋全体がいい香り・・・

ウェルカムフルーツもいただきます。


和室もひっついてます。
座椅子のクッションのふわふわ度に驚き(笑)



ベッドはふわふわ過ぎず安眠はお約束させていただきます。


リビングとベッドルーム続きの露天風呂。

何回お風呂に入っただろう。
もうふやけてふやけてシワシワ。
お風呂に何度も入ったからほぼ裸ですごしてた。
リビングでも裸で寝転がって本を読む。


内風呂から。


アメニティーはミキモトの高級ライン。
今回は三周年記念ってことでシャンプーリンストリートメントのプレゼント付き。


ワイン飲みながらお風呂に入ってたらエステの予約の時間。
2時間半ゆっくりマッサージしてもらってシヤワセ。
後半は寝てて覚えてないだけどね。


晩ご飯まではレンガの小道で周囲の散歩をした。
崖のすぐそばまでこれるんだけど、今日は台風の影響で白波が立ってるって。
穏やかな海もいいけど少し荒々しい海のほうがあたしには合ってる気がする。


のんびりするって素晴らしい。
いつも「だらだら」か「ばたばた」の2つしかないあたしの生活(性格)にはない極上の時間デス。

| comments(0) | - | 22:36 | category: 伊勢鳥羽。 |
Profile
Search this site
Archives
Mobile
qrcode
calendar
Sponsored Links