見たこと。聞いたこと。

日々のことを可能な限り赤裸々に・・・。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
■ 「ない」の一択。

気分転換に散髪にいった。

2〜4mmをキープしていて毎週日曜日はバリカンの日なんだけど、

今週はしなかったので8mmほどになっている。

 

一番最初は9mmでぐるりと一周だったけど、すぐ家で3mmにした。

夏に美容院で2mmにしてからずっと家でも2mm。

今回美容師さんが「0.8mmいっときます?」というので「いいよ」と即答。

左下から0・8、真ん中0.1、右は伸ばしっぱなし。

0.1は「0・1ってのも定かじゃなくてね、僕ら『ない』って言ってるんです 笑」と言っていた。

男性にも襟足の3mmをぼかすぐらいしかこれを使う時はないらしい。

すごい頭。

こめかみの産毛もぜんぶいきましたよ。

いかついからね、必ずフリルとかパフスリーブとかボウタイを身につけるようにしている。

もう来週から家でも1mmにしよう。

 

コンビニいっても電車の中でも歩いてても、どいつもこいつもあたしをチラ見しやがる!

あたりまえか(笑)

| comments(0) | - | 22:40 | category: 自分のこと。 |
■ プロの2mm。

いつもの美容院じゃなく、知り合いの美容師さんに切ってもらうことにした。

信頼関係のない人に切ってもらうのは何年ぶりかしら。

テキトウに切ってくれていいよ。

こんな短いのは久しぶり。

しばらく巻かなくていいわ。

でも中は2mmでございます。

最初は3mmだったんだけどさ、

「なんか長いわ。2mmにしてみて」とやり直し。

プロの2mmはザリザリ感が最強だわ。

 

バリカンで首についた短い毛を拭くからタオル貸してと言ったら

「女性にホットタオルを渡すの初めてです」と言われた(笑)

あたしね、一日たりともこの髪型後悔してないよ。

髪が多いから下ろせるようになってむしろもっと早くしとけばよかったと思ってるくらい。

| comments(0) | - | 22:00 | category: 自分のこと。 |
■ 人間分析はおもしろい。
ヒロスケが知り合いと食事に行くからトモコも一緒にけえへん?という。

「あたしはいいけどいいん?モヒカンやで」

「そんなん気にせんでいいよ」

へぇぇ ほんまにええんか?
モヒカンやで。



(仮名)田中徹 44歳
167cm 78kg バツイチ


・ずっとしゃべってる
・ずっと自分の話
・ずっとおいしい店の話
・小洒落た服装
・男前っちゃ男前
・飲み屋の23歳の彼女あり

もうこれだけで人間分析には充分な情報が揃っている。
小一時間食事をしただけだけど、だいたい扱い方がわかった。


「あんな、あの人23の彼女いてるいうてたけど、
あたしぐらい歳いった女のほうがほんまは好きやで」

「なんでわかるん?」

「わかるねん。話し方、話す内容、表情、人相で全部わかるねん。
あれはさそたら豪華旅行ぐらい連れて行ってくれそうや。
めっちゃ女好きやん。でも照れ屋。飲み屋でしか女と知り合う機会がない」

「また始まった。トモコの人間分析はおもろい。」

「へぇぇ すごーい。知らなかったですぅ。を繰り返すといい旅館に泊まることができる」

「あ〜わかる」

「単純やん。まあよくあるタイプの代名詞。
ようしゃべるし盛り上げようとしてるけど、内容はあんまおもんない。
絶対けなしたらあかん。ほめてほめて褒めちぎるんや。
あたしと話したそうにしてたやろ?でもあんまし話しかけてけぇへんやん」

「どっからそんな自信わいてくるん?すごいな」

「あたしは自信に満ち溢れてるさ。」

「俺にもわけてほしい」



人間分析はおもしろい。
だからあたしは何をしてるヒトかわからない人でいたい。
あたしは眉間にシワができる。
気難しい人と見られるので、ボトックスを打ち続けている。
ボトックスは人生かわるよ。
気持ちがすごく明るくなる。
次はACR(多血小板療法)にしようか迷うところ。


モヒカンをちょっと上品にかわいく。
| comments(0) | - | 22:10 | category: 自分のこと。 |
■ 上手な美容師の見分け方。
スキバサミで自分で髪の毛を切っても切っても減らない。
ひとつにくくると直径2cmほどになって、巻いても重さでダレる。
もう玄界灘で散髪にいくことにした。

あたしはもうやりたいと思う髪型は全部した
色も7色ぜんぶ入れたし、ショートにしたりお尻までのロングもした。
でもひとつだけしたことがないことがある。

「バリカンしてみたいねん」

「いっときますか?」

「ん〜伸ばすの大変やん?」

「じゃあもみあげだけとか横だけにしときます?」

「いや、そんな根性なしなことはやめとく。後ろもいっときましょ!!!!」

思いつきでやってみた。

9mm。
メンテナンスは週1でヒロスケに6mmほどに刈ってもらえばいいでしょう。
しばらくはもうこれでいくわ。
快適過ぎる。

タトゥとかあんなとこやこんなとこにピアスはしていません(笑)

ほおら、おろしたらフツウでしょ。
くせ毛がここまで生きてきたっ。
タオルドライにワックス少々でセット完了。
毎日巻かなくてよくなったのがうれし。

あたしさ、美容院ってどこいっても上手だとおもっているのよ。
美容師さんもみんな上手に切ってくれる。
でもあたしがいいって思う美容師は、思い切ったことができる美容師。
その人の人柄や個性を見抜いて、限界まで引き出すことができる美容師。
奇抜な髪型をしなくても、フツウの髪型でも思い切ったことができる人ってのが
上手な美容院、美容師だと思うのよ。
| comments(0) | - | 23:07 | category: 自分のこと。 |
■ 美容DAY。
「すごく良かったよ」と教えてもらった整体へいった。
お尻のコリがどんなストレッチをしても完全にはほぐれない。
整体から頭蓋輪郭骨矯正、全身オイルマッサージまでしてもらい全部で150分。
うーん 問題のお尻の筋肉の張りが改善された感はないかな・・・
仕事にいき、また心斎橋まで戻ってきて休憩。

顔汗対策に1ヶ月だけまたまつ毛エスステをすることにした。
1時間で170本もついたわよ!
最短時間最高本数記録だわ。
でもさ、まつエクっていやらしいね。
最近はノーメイクとマスカラをした時の変わり様が好きだったけど、
まつエクしたらいやらしい顔になるわ。
まさにゲスの極みみたいな顔だわよ。


サロンにあった2900円のヘアアイロン。
210度ってオーブンじゃないの。
髪が炭化するわ。

あたしのつかってるアイロンは
今はナツカシ、カリスマ美容師という言葉が出だした頃のみやむーの、
当時最新だったアフロート×クレイツのコラボアイロン。
これ未だに値下げないのねー。
軽くていいよ。
| comments(0) | - | 22:21 | category: 自分のこと。 |
■ ピアスは耳だけです。
夏はどれだけ暑くても平気なのに冬はなにもする気が起きない。
今年は寒くてもアクティブに過ごそうとしていた。
まず、いつも適当に1つくくりにしていた髪の毛をやめた。
きちんとブローして出かけなくても巻く。
外出予定がなくても化粧してなくても髪だけは巻く。
わざと目蓋までボーボーに伸ばしていた眉毛は、
長さと太さを整え眉山をなくし平行にした。
週一で脱色することも忘れてはいけない。
ずいぶん印象が変わったと思う。

外に出る気が起きてきて例年より快適に過ごせたと思う。


久しぶりにセルフ散髪。
ざくざくごっそりかなりの量を切った。

いま、右のこめかみから耳の上までバリカンをいれるツーブロックにしたくてたまらない。
ものすごい下品さが似合うと思うのよ。
乳首にとかにピアスを開けてそうな人にみられるかしら。
そんなことより伸びるまでがしんどいから躊躇している。
| comments(0) | - | 22:01 | category: 自分のこと。 |
■ 違いがわからない。
以前、とある集まりに参加した時、おしゃれですねーと言われた。
数分あたしの服の話になったぐらいあたしの服に興味をもってくれた。
その時の服は、

Pコートにサウンドトラックのストールにcaphの影絵ブローチ。

JALバッグにバスケットボールスカート、ハンバーガーソックスに黄色のニット、
という自分でもカオスだと感じるほどのめちゃくちゃ具合。


でね、その流れでインテリアの話になったわけ。
「トモコさんはインテリアもお好きなんですか?」ってきかれたから
「大好きです」と言って調子に乗って家の写真を見せたの!


そしたらさ、みーんなの反応は、


「あ〜〜・・・」って。


なんでなんで?
あたし本当にわからない。
カオスなコーディネイトは盛り上がるほどステキって言ってくれたのに、
家の写真は「あ〜〜・・・」なんでしょう?
あたしの服と家は通ずるものがあるのに、なんで家は変っていう反応なんでしょう。
その違いがあたしにはわからないわ。
ほんと不思議。
| comments(0) | - | 22:30 | category: 自分のこと。 |
■ ヒロスケに相談だ 4。
ヒロスケに相談だ 1」「ヒロスケに相談だ 2」「ヒロスケに相談だ 3
の続き。


インド人にそろそろ帰れと帰らせ、
ひとりになったらまた次回のビスのお兄ちゃんへの対応考える。
「こないだごめんな」と言い訳をするのがあたしのクセだ。
どないしよー


あかん。
スッキリするにはヒロスケに相談だ!
ヒロスケならきっといいアドバイスをくれる!
ヒロスケに電話しよう!


「いまいいかな?仕事忙しい?」

「ええよ。どうしたん?」

「ビスのお兄ちゃんの件やん。2月に会う約束あるねん。
ヒロスケなら長年の友達に酔っ払って好き好き言われたら改札でよかな?とか
言われたらどうする?今度あうのんどんな顔して会う?」

「ん〜距離置くしかないんちゃう?今度会う時もフツーにしとけばいいやん。
ごめんもなんも言わんでいいんちゃうか。酔うとったんやろ?」

「うん 酔っ払ってた。あんまし食べてへんかったしかなり飲んだみたいや」

「そうか。まあいままで通り用事以外連絡せんでいいし、
とにかくビスのお兄ちゃんを困らせたらあかんわ。
すんだことはもう掘り返さんでいいよ。あの子やったらフツーにしてくれるわ」

「そっか。ヒロスケに相談してよかったよ。客観的な意見をくれるおもたわ。
ありがとう。ほんで晩ご飯鍋でいいかな?」



ちょっとスッキリした。
ヒロスケは頼りになる。

帰ってきて鍋を食べながらヒロスケが質問してきた。

「ほんでビスのお兄ちゃんから誘われたん?」

「ちゃう!あたしがさそたんや。LINEみる?
ビスのお兄ちゃん悪ないの証明したいから見て!」


「見たないわ。トモコの情けないのんなんか見たない。
振られてんねやろ?そんなん見たないわ」



なんだあたしのオットは。
あたしとヒロスケの関係ってなんなんだ!?
あたしもよくわからん。
保護者みたいなもんか。


友達達にこの一連の流れを話したら
「3人の男のなかでヒロスケさんが一番かっこいいやん」と言う。
せやな・・・そうやな・・・
ヒロスケに感謝せんとあかんね・・・。
ビスのお兄ちゃんに会う時はごめんもなんも言わんとこ。
済んだ話しやし。



******* 完 *******


猛人はあたしだ。
| comments(2) | - | 22:17 | category: 自分のこと。 |
■ ヒロスケに相談だ 3。
ヒロスケに相談だ1」 「ヒロスケに相談だ2」の続き。


「しんすけ 久しぶり」

「トモちゃん 元気そうやな」

「元気ちゃうわ。あたしの顔見て元気そうにみえるか?
昨日の酒が残ってまだ酔っ払ってるねん。
ちょっと昨日の話聞いてくれる?」

「聞くのはええけどあとでな。それより俺ステーキ食いたいねん。
こことこことこことどこがいい?」

「どこでもええよ。しんちゃん好きなとこ行き。
あたしは出されたものを食べる。肉半分あげるわ」

「ええんええん?くれるん?俺めっちゃお腹すいてるねん。
明日のランチまで決めてるからな。明日はこっち行くねん。ここも肉うまそうやろ」



しんすけはデブ。
最近低糖質ダイエットを始めたらしい。
自分で調べればいいのに知識がそこそこあるあたしに
「これ食べてもいい?こっちは?」と連絡してくる。
モチベーションを上げるためにたまにランチに行く。
「しんすけすごいねー」「しんちゃん痩せたねー」と盛り上げてやるのだ。
話すことは食べ物の話ばっかり。
これがなかなかおもしろい。
おもしろいが、あんまし内容がない。



「おいしいなートモちゃん肉くれる言うたやんな?ええん?ええん?」

「ええよ。好きなだけ取り」

「あんなー俺が70kg切ったら夜にモツ鍋行こうや。蟹でもいいしな」

「いつでもええよ。なんなん?あたしを遠回しに誘いよるん?」


返事がないwww
かわいいwww



ランチを食べたらお茶もせず帰る。
しんすけにとってあたしはモチベーションを上げるだけの存在で、
あたしはしんすけのことを生徒さんと同じような感覚。
結局ビスのお兄ちゃんの話できひんかったやんか。
まあ、しんすけに話しても生産性がないからいっか。




お腹いっぱいで帰ったら玄関の前にインド人が立っていた。



2時間も居座りやがった。
名古屋へいくから挨拶にきたんですって。
インド人の登場はこれでおしまい。
| comments(0) | - | 22:53 | category: 自分のこと。 |
■ ヒロスケに相談だ 2。
ヒロスケに相談だ 1 」の続き。


あたしはそんなこと動じない。


「間違えた。ビスのお兄ちゃんに送るつもりやったの間違えた」


そこから延々とヒロスケがあたしをほったらかしにしすぎやからこんなんなるだの
ビスのお兄ちゃんはあたしを女扱いしてくれる(してるわけない)だの逆ギレ。
途中で眠たくなって環状線を2周。
JRの乗り換えがむつかしすぎて梅田で途中下車して地下鉄に乗り換えた。
最寄り駅を降りたら「大丈夫?」と駅前にヒロスケがいてた。


「なんでくるん。こんでもええよ。」


とかいうのはどこのアバズレや。


帰ってからも延々逆ギレ。
そしてそのままほかほかカーペットで寝た。



朝起きて顔を合わせてもヒロスケは怒りもしないしいつも通り。
あたしはといえば、ビスのお兄ちゃんに何を言ったかが気になって仕方がなく、
考えても考えても思い出せない。


「昨日あたし5杯ぐらいしか飲んでないやんな?」とLINEしてみると
「もっと飲んでたで」との返信。
それ以降めんどくさいのがよくわかる、テキトーなスタンプでの返信しかなくなった。



ビスのお兄ちゃんをなんとかしなければ。
別にあたしはビスのお兄ちゃんが本気で好きなわけではなく、
20年来の友人を失くすのが嫌なだけだ。
友人を困らせたということが気になって気になって仕方がない。



ヒロスケのことなんて頭にない!!!!



手当たり次第友達に相談する。
実はビスのお兄ちゃんとは近々会う予定があるのだ。
その時どんな顔をしてあえばいいかわからない。

みんな「フツーにしとけばいいやん」「ごめんもなんも言わんでいいよ」
「酔っ払ってごめんねで済ませばいいやん」
まあそれしかないわな・・・



二日酔いではないけど昼前まで酔っ払っていた。
今日はデブのシンスケ(仮名)とランチの約束をしてるというのに。



つづく。


「ジョエル・ロブションのおべんとうの本」のレシピは全然お弁当じゃなかった。
 
| comments(0) | - | 23:08 | category: 自分のこと。 |
Profile
Search this site
Archives
Mobile
qrcode
calendar
Sponsored Links